日焼け止めの効果はどれくらい持続するもの?

持続時間について

日焼け止めについては実際に使ったらどれくらい持続時間があるのか知りたい方は多いでしょう。持続時間についてはSPFに注目してみましょう。たとえばSPFが1ならば20分ほど効果があるとされているため、50の場合は16時間持続するということになります。しかし、実際には汗で落ちてしまう可能性があるため、もっと持続時間は減ってしまうでしょう。また、長持ちさせるために添加物が含まれている可能性があるのですが、それでは肌への負担が増えてしまうため意味がないでしょう。

実用的なことを考えるのであれば、SPF30ならば10時間持続するため十分といえるでしょう。室内にいる状態ならば、これで十分効果を発揮してくれるのです。ただし、これはきちんと正しい塗り方をした場合です。塗り方に問題があると、当然持続時間も短くなってしまいます。

また、基本的に屋外にいる場合には日焼け止めを定期的に塗り直すべきでしょう。たくさん汗をかいてしまうからです。たとえばSPF50であれば2時間から3時間で塗り直しをして、SPF30程度であれば1時間おきに塗り直すのが良いでしょう。

海やプールに入る場合にはすぐに落ちてしまう可能性もあるため気をつけましょう。日焼け止めを使う際には油断をしてはいけません。